FC2ブログ






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤毛のアン
 有名な物語の1つである『赤毛のアン』。

日本では、この赤毛のアンというタイトルが一番聞きなれた呼び方だと思います


 実は、原作は『Anne of Green Gables 』=『緑の切妻屋根のアン』というタイトルなんです

 
 なぜ日本では『赤毛のアン』になったかというのには、こんなお話があります


 翻訳者である村岡花子さんは、第二次大戦中、家中の原稿用紙をかき集めて灯火管制のもと、「カナダへ帰ってしまった友人たちへの友情の証を立てるつもり」でこの本を翻訳されたそうです。


 この翻訳の終わる頃に、戦争も終わっっていたそうです。

 
 戦後6年経った頃に、村岡さんのもとを訪れた編集者の「何か新しい、おもしろい読み物はないでしょうか」の声に動かされ、原稿を手渡dしたそうです。


 最後まで悩んだのは、タイトルをどうするか・・・・。

 「窓辺の少女」「窓に寄る少女」「夢見る少女」・・・いろいろと考えましたが、娘さんの『赤毛のアン』がピッタリ」の意見に、若い人の感性にまかせてみようと心に決め、カナダAnne of Green Gablesは、1952年5月10日に『赤毛のアン』となって誕生したのです


 それから年月は経っておりますが、「赤毛のアン」と聞いて知らない人はほとんどいないのではないでしょうか

 詳しい物語の内容までは知らないということはあるかもしれませんが、現代にまで親しまれているタイトルとなったのです。


 本からはじまりラジオやテレビ、アニメ、映画など様々な形でアンは人々を楽しませてくれています

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。